共働きの主婦は帰宅後に動けなくなるほど疲れていても、家事をしてければいけない

MENU

共働きの主婦は帰宅後に動けなくなるほど疲れていても、家事をしてければいけない。

 

共働きの主婦は帰宅後に動けなくなるほど疲れていても、家事をしてければいけない

 

主婦 大変 な 家事

 

主婦 大変 な 家事

 

帰宅した後はもう動けないほどの疲労が・・・

帰宅 後 動け ない

 

  • 病人を抱えていて家事ができない
  • 家事が追い付かず、洗濯物が貯まっていく一方
  • 自分は家事もしないくせに、家事をサボった時に文句を言ってくる夫がいらつく
  • 職場ストレスと育児ストレス、さらには姑ストレスの狭間でうつ病に。
  • どこまで家事代行で頼めるのかわからない
  • 家事と育児に追われて睡眠時間がとれない
  • あとでまとめてやろうとして、家事が溜まってしまって憂鬱

何もしない旦那はいらない

何 も しない 旦那 いらない

仕事 帰宅 後 寝 て しまう

  • 激務+家事の毎日で体を壊す
  • 家族に暴言を吐いてしまいそう
  • 家庭や子供への愛情が置き去りにされることで、家庭内暴力をふるう子供になるよ!
  • 家事が苦手なのに自分で何でもやろうとすると、ストレスが溜まってしまい苦しい毎日になってしまう。そして、体調も崩して仕事もうまくいかなくなってしまう
  • へとへとになって過労死寸前までいってしまう
  • うつ病になり、仕事も家事も育児もできなくなり、母親失格の烙印を押される
  • 家事や育児て自分の時間が無くなりリフレッシュが出来なくなり心に余裕が無くなり夫のと子供に八つ当たりして離婚する

旦那の方が帰りが早いのに・・・

旦那 の 方 が 帰り が 早い

 

  • 自由な時間が増えて心に余裕ができることで、生活疲れが外面に表れない
  • 料理する時間がなくても、料理がお鍋にできていて、温めるだけですぐに美味しい手料理を食べることができる
  • 時間に余裕ができ、夫や子供達にも優しくでき、家庭が円満になる
  • 平日夜の時間的余裕が激増する
  • いつも物が散乱している部屋が当たり前になっていたけれど、綺麗に片付けてもらった部屋で暮らしていると「あった場所に戻す」習慣がついてきた。
  • 掃除の時間が無くなり、その分料理の時間が増えたので子どもに手料理をたっぷり食べさせてあげられるようになる
  • 仕事場でもイキイキとしていて、部下に憧れられる

 

共働きの主婦は帰宅後に動けなくなるほど疲れていても、家事をしてければいけない

家事代行の注意点を解説します

旦那 ご飯 作っ て くれ ない

 

  • 家事代行は贅沢のイメージがあり、親や夫の印象が悪くなる⇒仕事をしたらリフレッシュは必要のため贅沢ではない
  • 自宅の汚い散らかった状態を見せたくない…。⇒相手もプロなので同じような散らかった状態を片付けた経験もあるので心配はいらない。
  • 依頼した内容をしっかりとこなしてもらえないというケースがある⇒スタッフの採用研修体制についてしっかりと確認する
  • サービスをお願いするにしても準備が面倒⇒訪問ヒアリングでオーダー完了
  • 仕上がりに不満が残ることもあるが何回も続くようだとスタッフを変更してもらうこともできる
  • 思ったより料金がかかる。⇒仕事を辞めることになると稼げない。

旦那はご飯を作ってくれないし、共働きの家事に疲れた

共働き 家事 疲れ た

 

家事代行サービスを使うと、こんなふうになります。

 

  • 快適な生活環境が維持できるようになる。
  • 定期の縛りがないので必要な時に必要なだけサービスを利用できる
  • 家事に関する肉体的負担が減る
  • プライベートを楽しむ余裕が生まれる
  • 心と体を休める時間を持つことができる。
  • 家事代行を頼むと、1週間分の夜食を作ってくれるので、大変助かる。
  • 自宅が清潔で快適になる

最後に

仕事 帰宅 後 寝 て しまう

共働きの主婦はほんとうに大変です。

 

月に1〜2回くらい、家事代行に頼んで自分の時間を持ってもいいはずです。

 

共働きなのに家事分担は不公平になっていますよね?

 

今のままだと、疲れが溜まってしまいますし、
旦那さんに対してイライラも溜まっていくのではないでしょうか?

 

最悪離婚なんてことになる前に、
たまには家事代行を頼んで、
自分の時間をゆっくりもってみることをオススメします。

 

主婦 大変 な 家事